協会について

沿革

沿革

東京広告協会の前身である日本広告会は、1947年(昭和22年)2月13日、代表的な広告主企業・媒体社・広告会社が集まり、総合広告団体として設立されました。1949年(昭和24年)5月27日に社団法人認可を受け、1958年(昭和33年)1月1日に社団法人東京広告協会に名称を変更しました。以来、広告の信頼性、社会的評価を高め、生活者に信頼される広告作りを目指して事業活動を推進し、広告界に確固たる地位を築き上げてきました。2012年(平成24年)には公益法人制度改革に伴い公益社団法人に移行しました。広告の社会的使命を推進し、一般市民の文化的な生活の向上、構成かつ自由な経済活動の促進及び地域社会の健全な発展に資することを目的として、新たにスタートを切りました。